リバウンドしない身体作り!!

脂肪の燃やし方 その3

2016年02月10日

こんにちは森です!!

脂肪の燃やし方も その3 になりました!! これまでの運動・日常生活の二つを上手く使いこなせてますか?

読んでみたもののチャレンジをしないままになったりしてませんか? やるのを明日から~なんて先延ばしに

したりしてませんか? ダイエット・ボディーメイクしようと思った時始めないとだめですよ、明日から、今週は

飲み会があるから終わってからスタートかな・・・なんてのんびりしてたら夏までにキレイになる!! 夏までに

かっこいいカラダになるなんて、かなり難しい話になってしまいます。ですので思い立ったら吉日でスタートしましょう!!

さぁ今日は「脂肪の燃やし方」の続きで食事編です。

そもそも、ダイエットを始めるに当たって、みなさんが考える事はまずなんですか? きっと食事の量を減らすですよね^^;

食事の量を減らすってのも、きちっとルールを守ればいいのですが、どうしてもダイエットってなると極端な食事制限を

してしまいます・・・でもそれを一生続けるなら止めません、偏った食事を一生なんて僕には無理です。

食事は楽しみながら、脂肪を減らす・燃やす事ができたら素敵だと思いませんか? 

「好きな物を食べたらやっぱり太るから無理なんじゃぁ・・・」 そんなこと思わないでください。 

ルールを守ればできます。 食事編はちょっと長くなるので分割して話をしていきます。

まずは炭水化物抜き or 炭水化物あり を話し行きます。

ご存知だと思いますが、血糖値を上げなければインスリンの分泌を刺激しないで済むので細胞が栄養を

取り込みにくくなりますよね。血糖のもと=炭水化物を控えれば理屈上は太りにくい食生活になるはず。

でもエネルギー代謝サイクルを効率良く回すためには、適量の炭水化物が必要なんです!! 

炭水化物抜きで代謝レベルが上がらないと、人によっては消火器の活動が不活発になってしまい便秘は

下痢を招く原因になることも・・・便秘も肥満の一因になるんですよ、だから極端な炭水化物カットの食事を

するのではなくて、適量を摂取する方がメリットは大きい。

「じゃぁ摂取すればいいんですね!!」って摂取するのがいいって事を鵜呑みにして食べるのではなく

中性脂肪になりやすい精製食品はオールブラウンに変える事をお勧めします。

少しだけでも内容を変えるだけでも食事は栄養価が高く、不必要なエネルギーを抜くことができる!!

外食に丼物を食べる時も、一日の運動量が少ない(一日デスクワークだけ)なら白米を1/5くらいを

残すつもりで食べたら40g~50gはカットできますよ^^b

さぁ少しづつの積み重ねですよね、頑張れば1ヶ月後の体重は・・・楽しみですね^^

スタッフ紹介
  • 代表あいさつ
  • コンセプト
  • トレーニングまでの流れ
  • ご料金/メニュー
  • 施設のご案内
  • よくあるご質問
  • モニター&成功事例
  • リバウンドしない身体作り!!
  • お問い合わせ